令和2年4月から大学院生

おかげ様で合格しました。

令和2年4月から一橋大学国際・公共政策大学院で勉強させていただきます!
新型ウィルスの関係で4.5の入学式は中止になりました…
アラフォーなので、子どものはともかく、もう自分自身の「入学式」ってないと思うのに残念です。
色々心配な状況ではありますが、4.6から授業は通常開始とのことです。
まずは4.3のガイダンスに行ってきたいと思います!

大学学生寮の手続

一橋大学の学生寮利用の案内がHPに掲載されており、
中和寮と景明館の2種類がありました。
中和寮は月額利用料が確か1万円を切る?感じですっごくやすかったのですが
風呂・トイレ共同ということで、
アラフォー社会人・戸建て居住の私にはちょっと厳しそう。
とりあえず、風呂は入りたいときに入りたい。
風呂が好きです。
というわけで、中和寮は応募せず。

もう1つの景明館に応募しました。
けっこう落選もあるみたいなのですが、遠方であったことも考慮してもらったのか選考され、おかげ様で1年間大学院の寮に居住することになりました。

通常2年で行う修士プログラムを1年で行うため、けっこう授業はハード…らしいです。(面接で教授がおっしゃっておりました)
なので、徒歩数分の寮をお借りできるのはとってもありがたい!

なお、月額49000円、共益費6000円、入居時に別途30000円でございます。
電気代は別払いってあったような。

また、寮の基準を満たす火災保険に加入する必要があります。
1年間の保険期間で15000円ほどしました。

引っ越し準備もしました。
といっても、1年間で什器付きの寮なので(ありがたい)、布団など大きいものはニトリで注文しました。
家にあるのを引っ越しやさんで持っていくより、新しいものを購入した方が安かったので。
戻るときは引っ越し屋さんが必要かなぁと思いますが、
2月下旬で合格発表があった後に「単身パック」を検索したところ、すでに3月中旬~4月中旬まで空きがありませんでした!

健康診断の準備

一橋大学は入学時に「風疹・麻疹・おたふく・水疱瘡」の抗体価の証明または予防接種履歴の証明が必要になります。
入学時の書類で健康診断表と一緒に送付されて初めて知りました。
母子手帳を母から預かって見たところ、予防接種はしておらず、おたふくや水疱瘡の罹患歴はあるものの(子どもながらに覚えている!)、その記録がありません。

というわけで、結局自費で抗体価を調べるための血液検査を実施(15,000円)。
そして、なぜかおたふくの抗体価がちょっとだけ足りない…(おたふくしたのにー)
というわけで、予防接種を自費にて受ける(7700円)。
けっこうお金かかりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です