社会人大学院に挑戦中です。

R2.2.6に受験をしてきました、社会人大学院です。
おかげ様で〇〇周年で大学院受験です。

きっかけ

以前より、しっかりもう一度勉強したいなと思っていましたが子どもが小さいとなかなか難しい。
小学校低学年の子を置いて単身赴任はできません。
でも人生まだまだ長い(かも)ので、
思い立った時に、チャンスが訪れたときにチャレンジできるように
自分はどういった分野で社会に貢献したいのか、
自分なりのビジョンを持ちながら勉強は続けてきました。

色々なことのタイミングがぴったりだったので今年はチャレンジした次第です。

試験に向けたスケジュール

私の受験した社会人大学院は1次選考と2次選考とがあって、
1次選考で提出する研究計画書が通らないと2次試験を受けることができませんでした。

具体的な日程はこのような感じでした。

11月 社会人大学院チャレンジを具体的に考え始める。
12月初旬 社内選考(計画書の提出と面接)
12月20日過ぎ 社内選考を通ったとの連絡を受け、急いで卒業した大学の卒業証明書及び成績証明書を郵送請求(年末で大学事務局も閉まってしまうので忙しかった)
12月26日 社内に「たたき台でもよいので」ということで大枠の研究計画書を提出
年末年始 休み返上で研究計画書作成
1月6日~12日 この期間必着で願書等を送付
1月24日 1次試験合格発表
2月6日 2次試験 ← イマココ
2月14日 最終合格発表

1次試験の合格発表は1月24日午後1時HPにもアップされたのですが、
間違って他の学部の合格発表を見てしまい、
自分の受験番号が無かったので「あー、落ちちゃったかぁ。。。」と久しぶりにココロがザワザワした感じだったのですが、
よく見たら違う学部で、
自分の受験した学部を再度確認したら番号を見つけることができました!

とっても久しぶりの「受験」ですが、
何歳になってもドキドキするものです。

受験を経て思うことは、

  • チャレンジは大変だけど、やっぱり定期的にチャレンジした方がよい。
  • チャレンジすることのは、心身の健康と環境が許さなければできないことなので、チャレンジできるということはそれだけでとてもありがたいことである。

ということですね。
子どもをはじめ、支えてくださるみなさまに本当に感謝でございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です