住宅ローン控除のため確定申告

住宅ローン控除とは「住宅借入金等特別控除」のことで、
いくつかの条件に当てはまると、
10年間、ローン残高の1%が戻ってくるという仕組み。

この制度を利用するため、1回目は確定申告をする必要があります。
その後は毎年の職場の年末調整で必要な書類を出すだけです。(会社員なので)

今年は確定申告をしなければならないので、準備をしてみたいと思います。

国税庁のHPはこちらです → 住宅借入金等控除

対象となる人

詳しくは国税庁HPにありますが、簡単にするとこんなイメージです。

  • 新築してから6か月以内に住み始めて、ローン控除を受ける12/31時点で引き続き住んでいる。
    この点、住民票を移動して引っ越した場合は、また帰ってきた際に再度適用できるように転出前に手続きが必要です(これも1回経験済み)
  • 合計所得金額3,000万円以下
    管理人はごく普通の会社員なので全く問題なし。
  • 床面積50平方メートル以上
    50㎡って15坪くらいなので、一般的には50㎡以上になるのかなと思われます。
  • 10年以上のローン期間

控除される金額

平成26年1月1日から令和元年9月30日までの居住開始の場合、ローン残高の1%ですが、限度額は40万円です。

必要な書類

確定申告書(A) 税務署、国税庁のサイトから
住宅借入金等特別控除額の計算明細書 税務署、国税庁のサイトから
本人確認書類(aまたはb)の写し
a マイナンバーカード
b マイナンバー通知カードまたはマイナンバーが記載されている住民票+運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
 
家屋の登記事項証明書、請負契約書の写し、売買契約書の写し等(※)で次のことを明らかにする書類 (イ)家屋の新築又は取得年月日
(ロ)家屋の取得対価の額
(ハ)家屋の床面積が50平方メートル以上であること。
住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書 借入会社から発行
源泉徴収票 職場が発行

※住民票
平成28年分の申告からマイナンバー制度の導入により、マイナンバーを記載すれば住民票の写しの添付は不要。

確定申告期限

令和2年の確定申告期間は2月17日(月)から3月16(月)まで。
準備をしておこうと思います!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です